展示のご案内

少し先になりますが、昨年に引き続き今年も五月に

MOVE展in Berlin さんに参加させていただきます。

ベルリン中心部の喧噪からちょっと離れた、緑に囲まれた住宅街の

一軒家をつかった居心地の良い空間で、とても素敵なギャラリーさんなので会期中ベルリン近くにいらっしゃる方はぜひ!

詳細はまた後ほど掲載させていただきます。

 

——————————————

IMG_4882

先日友人から、”母の誕生日プレゼントに一枚”と依頼をうけて描かせていただいた一枚。

プレゼントに絵を、なんて粋だなぁ!と逆に感動してしまいました。

最近になってようやく親のありがたさを噛み締めているので、お母様の誕生花に感謝の気持ちを込めて制作させていただきました。

気軽に絵を飾ったり、贈ったり、受け取ったり、ちょっとずつでもそういう風潮になっていったら素敵だなぁと思う昨今です。

————————————————–


画材屋さん in Berlin

先日に引き続き、今度はドイツはベルリンの画材屋さんの紹介を

ベルリン在住の方に連れて行っていただいたこちら↓

“boesner” Marienferde店

DSC00052

こちらのお店は西欧を中心に結構チェーン展開しているようで、IKEAと世界堂の間みたいな雰囲気です。

倉庫のような巨大な空間に、塑像用?の大きい石から、文房具まで、所狭しと兎に角いろいろ置いてあります。ここにくれば画材は何でも揃う!!といった感じ。

正面の、バンザイしている金色のクマはベルリンの至る所に置いてある”United Buddy Bears”のうちの一匹ちょっとおしゃれさんですね

面白かったのが、ヒマラヤ紙の展示販売です

たたみ一畳より一回り大きいくらいの紙がババーンと広げてあったりオブジェのように天井からぶら下がっていたり。

独特の味わい深い色彩と、草花をモチーフにした模様が何ともいえず、和紙とはまたひと味違った魅力がありました。

あと驚いたのが、HOW TO本の数です。

ウマの書き方から動物人物、静物、デッサン、パースの取り方等々小さい本屋がまるまる一つ入ってるみたいに堂々と、本のコーナーがありました。

研究熱心な国民性の現れなのかもしれないです、そして図が多いので結構参考になる!読めないけど...

 

ちなみに以前ご紹介した連筆の様な不思議な筆もこちらで買った物です。

勿論顔料の置いてある一角もありまして、そこで買った土絵の具がこちら。。

IMG_4451

小さい物が紙袋入り(250g)、大きいのがプラスチックケース入り(500g)で価格は小さいので5ユーロ前後というところ

小ビンの方は、今後のサンプル用にちょっと小分けにしたもの。もちろんここで取り扱っていた顔料です。

天然の顔料に関してはいろんな種類が沢山!というより、業務用みたいなサイズが置いてある!印象でした。(私が見つけきらなかっただけかも..

こういうお店は店舗によって意外と違いがあるのかもしれないですね。

下のホームページにて全国の各店舗紹介ページが見れるみたいです

今度は別の店舗にも行ってみたい

 

————————————————–

“boesner”-Marienferde-

Adress: boesner GmbH Nunsdorfer Ring 31 ,12277 Berlin-Marienfelde  Deutschland

HP(独語): http://www.boesner.com/niederlassungen/berlin-marienfelde

———————————————

 


画材屋さん in Paris

画材屋さん紹介つながりで数年前に行ったフランスはパリの、すごく楽しかった画材屋さんを

パリで画材屋さんというと、ルーブル美術館の近くにあるパステル屋さん”セヌリエ”が有名ですが、顔料に興味のある方はぜひともこちらの”Laverdure”をのぞいてみていただきたいです!

—————————

”Laverdure”
HP(仏語)=http://www.laverdure.fr/
Adress=58 Rue Traversière, 75012 Paris, フランス

—————————

DSCF2224

まるい看板に乳鉢や薬ビンらしき物が描かれてますとおり、こちらは画材の中でも特に顔料やメディウムなんかに特化したお店です。

所狭しとビンやプラスチックケースにつまった色とりどりの顔料が並んでいて、壮観でした。

英語も割と通じて、量り売りでなく小分けにしてあるので、そのままレジに持って行けてお会計も楽々です。

店員さんも親切で画材にとても詳しく、ちょっと必要だったのでラピスラズリの顔料買おうとしたら

「これめちゃくちゃ高いよ?本当にこれでいいの?あってる??間違えてない?」と、なんでこんなに高いのか丁寧に説明しながら心配してくれました笑

——-余談《ラピスラズリ》————

フェルメールが使っていたことで有名な青い絵の具”ウルトラマリン”。その原料がラピスラズリなわけですが、宝石としても有名なこの鉱物、ただ砕いて細かくすれば顔料になる訳ではないのです。

簡単にいうと石の中でも青い部分を取り出して、より純度をあげないと鮮やかで冴えた青にはならないのです。しかもこの作業が(色んな方法があるのですが)どれも結構大変。。

なのでただでさえ原料が高いのに、更に手間がかかるのでラピスの顔料は非常に高価です。当時10g80ユーロ(1万円くらい?)くらいだったかと。。

その分価値があるのだから仕方がない。

もちろん他の顔料はもっとお手頃です!!

————————————————-

↓の天然顔料たちは3〜5ユーロくらいだったかと、、(Naturelle=天然 わかりやすい!)

IMG_4876

使い心地は岩絵の具と違って粒子が揃ってないのが一番の特徴で、11番から白番が混ざってる感じです。指で溶くとちょっとザラザラしてるのがわかります。

なので、特に水を多めにして使うと思わぬ模様ができてちょっと面白い。

ちなみに画像左下の”Sandragon”は好奇心に負けて買った謎の顔料(?)です。

樹脂っぽい塊なんですがどうやって使うのか未だ模索中。。

 

フランスといえば、コートダジュールにも土の顔料屋さんがあるそうで、そっちにも今度は是非行ってみたいです!