梅に牛 《金潜扇面色紙》

今日は立春、暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒いです。

お正月にアップした牛は講習の見本用に描いたものだったので、改めて今年の干支である牛を描きました

講習となると、いわば人にお伝えするためのテキスト。使う画材も技法も自分の好きなようにとはいかないので、こう改めてやりたいように描くととても楽しかったです。

ふと生徒さんも講習を離れて自分で書くときは、楽しく思うまま描いて欲しいなと思いました。

コロナが落ち着いたら行きたいところ。色々ありますが、湯島天神もその一つです。天神さんの牛は黒なのよと教えてもらったので今回はそのイメージで黒牛にて描きました。

外出する楽しみは難しいですが、家で新しいことを学ぶには良い時節なのかもと最近思います。

ちょうど、天神さんとゆかりのある丑年でもありますし実りが多そう。どうでしょう

白龍《サムホール/紙本着彩》

胡粉と墨と岩絵の具を少し

一度描いてみたかった龍を描きました。

白いところは全て同じ胡粉です。一色の胡粉を使ってどこまで表現ができるのか?挑戦してみてとても面白かったです。

胡粉は塗ったばかりの時はけっこう透明で、乾くに連れてだんだんと白くなっていくので、どれくらいの色になるのか、乾くのを待つ時間もたのしいです。

話は変わりますが、昨日ついに二度目の緊急事態宣言が出てしまいました。

悩んだ末に教室は少しの間お休みとすることにしました。

今回の規制では対象に入っていませんでしたが、やはり心配で。。

杞憂だったら、それはそれでいいかなと思っています。

日々画材をめでたい。