気になる和紙ー八尾和紙ー

先日図書館で調べ物をしていたら、“越中八尾和紙”というのに出会いました。

富山の方の特産和紙で、“丈夫さ“が一番の特徴との事。

主に加工用に使われて来た和紙との事で、古くから薬箱(富山らしい。。)なんかを作るのに使われて来たそうです。

 

桂樹舎-富山県の伝統工芸「八尾和紙」-

↑こちらのお店で、八尾和紙の歴史はもちろん、この和紙を使った様々な小物が紹介されています。

和紙の可能性ってすごいな!!とビックリしました。そういえば、ちょっと昔は紙から服を作るなんて結構普通の事だったんですよね。

丈夫で軽く、暖かい手触りの和紙小物、ぜひとも一度お店に行ってみたいものです。

と、いいつつ、通販もされているようだったので早速一つ購入させていただきました!

先日ご紹介した鳥取の因州和紙(薄くて書に最適)とは真逆を行きそうなこの和紙、画材として使ったら一体どんな描き心地なのか、今から楽しみです。


水戸偕楽園

先日、日本三大庭園の一つ、水戸の偕楽園の梅祭りに行ってきました。

初めて行ったのですが、広大な敷地の一面に八重や一重、紅梅に白梅と何種類もの梅の花が咲き誇りとっても素敵なところでした。

梅の花には桜とはまた違う魅力があるなぁと改めて実感しました。

華やかさはあまりないけれど、ポンと丸く愛らしい花とつぼみがゴツゴツと苔むした幹や枝に咲いているのを見ると厳しい寒さももう終わりがけなんだなぁとしみじみします。

寒空に春を感じさせてくれるほのかな甘い香りもなんともいえないところ

a_0007

三月中はこの梅祭り、楽しめるとの事なのでお時間ご都合のつきそうな方は是非!

水戸の梅祭り(公式HP)

来年も是非とも行きたいです。