「制作」カテゴリーアーカイブ

小作品(雨音)

筆コンパス、ご存知でしょうか

名前の通り持ってる筆をセットできるコンパスで

これが、すごく楽しい

均一な線を引くのにちょっとコツがいりますが、とてもオススメです

水面には数学的美しさがありますね

話は変わりますが、

ここのところメールフォームからの海外スパムが多く、対策を色々試みたのですが、なかなか効果が出ません

苦肉の策ですが、一旦ブログのメールフォームを閉じようと思います。

最近ご連絡くださった方、埋もれてしまっている可能性があるので、万一返信がないという場合は、お手数ですが下記のフォームより再度ご連絡ください

ご連絡先→https://www.may-so.com/contact

よろしくお願いいたします

花火

ドローイング/アクリル絵の具その他

花火っていいですよね

毎年、地元の土手で開催される花火大会

夏の風物詩といったらこれ!という感じで数少ない夏の楽しみです

今年は開催されず残念

見れないと思うと、ますます今まで見た花火の記憶がキラキラとして思い出されます

また大きい花火を屋台のカステラをつまみながら観たいものです

来年は無事開催されますように

絹制作と表装

春ごろにスケッチをしていたヤマボウシ

絹本でコツコツ制作し、この度とても素敵に表装していただきました

一から10まで全ておまかせでお願いしていたので、ドキドキだったのですが、

先日届いたのを広げ思わず、おおお..!と呟いてしまいました。

今回の作品は胡粉の白をいかに美しく引き出せるかを一つのテーマとして試みたものです。

庭の片隅で、春の夕闇に穏やかに光るヤマボウシ

淡い錆白緑とベージュの表装は、見事にそれを助けてくれています

”表装”と一言で言っても色は何通りもあり、その組み合わせとなると何万通りという想像しただけで気の遠くなる数字です

その中で組み合わせを選び構成することが、どれほど大変で研鑽が必要なことなのか..職人さんはすごいなと、もう感嘆するしかありません

これまで麻紙に描いて額装する事が多かったのですが

近くにこんなに良い表具師さんがいると知った今、絹にもどんどん挑戦してみたいです